酸っぱい臭いと垢じみた臭いが混ざった、鼻を刺すような刺激臭です。

高校生の時に母親から指摘されて気が付きました。母親が私の洗濯前のTシャツを持って『あなたはもしかしてこのTシャツの臭いに気付いていないの?』と、Tシャツの脇の部分だけを嗅がせたのです。それがものすごい刺激臭で、それが自分の脇の臭いと知ってショックを受けました。背中やお腹の部分は臭くないのに脇だけが独特の臭さで、そこで初めて自分がワキガと自覚しました。ワキガを自覚してからが大変でした。どれくらい汗をかいたらあの刺激臭になるのか分からないので、いつ臭くなるか、周りの友達に臭いと思われていないか、臭くても私に直接言えなくて我慢させてしまっているのかもしれないなど、様々な悩みが次々に出てきて眠れないくらい悩みました。ワキガを自覚してから肌着やTシャツの脇部分が黄ばんでいることに気が付いて、この黄ばみは洗濯してもほとんど落ちないことに驚きました。必然的に肌着やTシャツは安い物ばかり買うようになって、ワキガの臭いと黄ばみが染みついたらすぐに捨てるようになり、財布の中身が圧迫されて辛かったです。制汗剤をいろいろと試した結果、スプレータイプよりもロールオンタイプで直接肌に塗りつけるものが効果が高いとわかりました。今は8×4のせっけんの匂いのものを使っています。また3~5日に一度、30分以上の半身浴をして脇の毛穴の汚れを出すようにしたり2~3週間に1回は全身の垢すりをして肩、二の腕、わきの下周辺に垢を溜めないようにしています。ほかにも肉や牛乳、動物性油脂を朝食に摂取するとすぐにワキガ臭くなるので、野菜や豆類を中心の食生活に変えてどうしても肉を食べたいときは夕飯で摂取するようにしました。肉はワキガ臭くなりますが、なぜか魚の摂取はワキガ臭くならないので魚料理は朝昼晩いつ食べても大丈夫でした。私のワキガの独特の臭いは1メートル以内に近寄ればはっきりと分かる臭いだったので、外出するときはとにかく臭いケアを最優先に考えています。ほかにも脇以外に頭皮も脂ぎった、ワキガにちかい臭いを発することが分かったのでヘアスタイルをショートカットにしたうえで、頭皮のケアも念入りにやっています。ワキガの人は脇以外の毛穴からもきつい臭いを発することがあるので自分がどこの毛穴から臭いをだしているのかを調べると、より的確な匂いケアができると思います。ワキガを自覚してから、友達や同僚に『私はワキガなので、臭いと感じたらすぐに言ってほしい』とカミングアウトしました。そして人一倍、臭いに気を付けるようにしたところ友人も同僚も臭い臭くないをその都度ハッキリと言ってくれるようになりました。臭いをほったらかしにしておくと周りの人達は臭い臭いと攻撃してくるので、自分からオープンにしてこういうケアをしているんだよ!とアピールしてしまうのが良いと思います。ワキガ専門の医療機関へ行って自分のワキガが重度なのか軽度なのかをハッキリさせたうえで、重度ならばワキガの手術を検討したり、軽度なら日常のケアでなんとか頑張るなど、自分の程度を知ることがまず大事だと思います。女性30代後半