明らかにワキガと分かる、汗のこもったキツイ臭い。

中学2年の時に、友だち3人組で宿題をしていたら、急に一人がワキガの話をし出しました。
自分の汗が臭いし、シャツの脇の部分が黄色になっていたので、何となく感じてはいましたがその時、私のことだと自覚しました。同級生が集まった時に、楽しく話し込んでいた瞬間にワキガの臭いがして、すぐに自分だと思い気落ちしました。そんなに暑くない春だというのに、興奮して体温が上がったのか、誰にも気付かれずさりげなく脇を見たら、もう汗ジミが出来ていました。
汗をかいた直後は臭わないと思っていましたが、既に臭いは広がっておりいたたまれなくなりました。まずは脱毛。これが一番のワキガ脱出方法です。脱毛前と比べると明らかに臭いは無くなっています。
次にデオドラントですが、塗るタイプのものは、ロールの部分に細菌が繁殖するので、スプレータイプにしました。8×4パウダースプレーなどワキガの対応には短時間しか持たないスプレーがあり外出しない時にはいいですが、これから人に会うとか電車に乗るなどの時は、エージーデオ24 パウダースプレーhを使用すると24時間汗をケアしてくれるので、帰宅するまで安心です。
更には、下着は必ず毎日 取り替える事も必須です。冬でもしっとり汗をかくので、年中安心は出来ません。ですが、一番酷かった時と比べると精神的に凄く気が楽になりました。思い切り手を振ったり、何かを取ってあげたり、脇を気にする頻度がかなり減りました。対策さえきちんとすれば、ワキガも怖くないと感じています。女性なら、まず脱毛してください。ムダ毛処理も無くなり楽です。男性女性 共通して、24時間対応のスプレーをしていれば大丈夫ですが、必ずポケットウエットテッシュを持ち歩きしてください。臭うかも と思った瞬間にサッと拭くと安心出来ます。
20歳代?40歳代を過ぎると臭いはグッと減ってくるので思い悩まなくても大丈夫です。女性30代前半